塗装の平均的な相場

年数が経過し古くなった外壁は雨漏りが発生したり、亀裂から劣化や腐食が進むため早めの対策が必要となります。これらの症状を防ぐのが外壁塗装リフォームであり、定期的にメンテナンスする事で雨漏りや劣化を無くす事も可能です。 外壁塗装リフォームの平均相場は、利用する塗装の種類や施工面積によって異なりますが、20万円から60万円で推移しているため、予算と内容に合わせて選択できます。塗料の高騰やリフォーム代金の値上がりにより、平均相場が上がる事もありますが、おおよその代金はこの価格帯で変動しています。外壁塗装は住宅全体の費用ですが、雨戸や木部、雨樋や足場等は別料金となるため、外壁塗装代金とは別に請求されます。

塗装の種類によって価格は異なるため、予算やニーズに合わせた塗装が選択できるとともに、塗装の耐久年数も選べます。そのため住宅の将来を考えたリフォーム施工が行えるので、家族構成や年代に合わせた最適な方法が選べるのが魅力です。 一番安価なのは耐久性能も備えたウレタン塗装であり、一番高価なのは10年経過しても汚れが付着しづらい光触媒塗装となります。ウレタンは防水性にも優れているため、安価ながら安心して施工できる標準タイプの塗装であり、多くの住宅に利用されています。光触媒は最新技術が詰まった塗装であり、最高ランクの樹脂を使用しているため、紫外線に強く変色しにくいのが特徴で、塗り替え周期が長いので経済的です。